●「カジノは当面見送り」長崎~上海航路11/3デビューをハウステンボスが発表

2011.05.30 00:00| ハウステンボス

 ハウステンボスによる「長崎~上海航路」計画の概要が発表されました。震災の影響により7月就航予定が11月に延期に。スケジュールは下記の通り。

  • 11月3日に1往復限定で試験運航。
  • 来年1月、週1-2往復の不定期の営業運航を実施
  • 来年3月、週3往復の定期運航。

船はギリシャのクルーズ船運航会社から約30億円で購入済み。全長192・91メートル、幅29・42メートルで総トン数は3万412トン。1500人乗りで、車両輸送も可能な貨客船です。

上海フェリー5.jpg

長崎-上海を約20時間で結び、運賃は片道7千-8千円。「ローコスト・エンターテインメント・シップ」と題し、船内に設置した劇場や映画館、観光地紹介ブースも設置。当初の目玉であったカジノは当面見送りになりました。船体の側面にはスポンサー広告スペースが設けられています。

上海フェリー2.jpg

就航延期については未だに外国人観光客の回復が不透明なことが大きな要因。海外発の日本ツアー料金も3割程値崩れしている状況です。ハウステンボスでもほとんど外国人を見かけなくなりました。

上海フェリー4.jpg

また中国国内でのクルーズ船を使った旅行商品の販売を行う予定だったHISにも誤算が生じています。今月、中国での外資企業への中国人向けの海外旅行業務取り扱い解禁となり、中国政府はJTBに参入許可を出しましたがHISは申請していたものの今回は残念ながら認められませんでした。今後、HISが許可されれば中国国内での販路が拡大されると思われます。

まさに厳しい船出となりそうですが長崎県にとって中国への海上アクセスを確保したことは起爆剤になるのは間違いありませんね。

 

ツイッターでつぶやきちう

長崎の街ネタ速報、裏ネタもあり。 

コメントや情報もお寄せくださ~い。

@hirunavi 

 

長崎のおススメ情報はこちら        

   ↓

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長崎情報へ 
にほんブログ村


↑長崎情報はこちら

コメント:0 トラックバック:0