●九州電力が1700億円の赤字。合理化で長崎の経済にも影響が。

2012.03.25 00:00| 街ネタ

 九州電力は、2012年3月期の連結純損益が1700億円の赤字になるとの業績予想を発表しました。すべての原発が止まり、火力発電に使う石油などの燃料費が大幅に増えるためです。

九電.jpg

九電は大幅な赤字になることから、1年間で経費約700億円を節減する合理化に動いています。その影響が長崎にも出ていて、CM、広告は自粛。これまで行ってきた団体等への寄付も断っている状況だそうです。

九電3.jpg

九電長崎ビル前の陸上競技場で25日まで行われたイベントにも毎年、協賛していましたが今年は辞退しています。この他にも多くの地域イベントに参加していただけに影響は出てきそうです。

九電4.jpg

十八銀行本店前の九電イリスビルで行われていた「料理講座」も中止になったまま、再開の見込みも立っていません。

九電2.jpg

NBCで放送されていた長寿番組「窓をあけて九州」も九電の提供番組でしたが、25日の放送をもって終了となりました。

九電は電気料金の値上げについて「秋頃には方向性を考えないといけない」と示唆しており、直接的な影響が市民にも出てくるかもしれません。

 

ツイッターでつぶやきちう

長崎の街ネタ速報、裏ネタもあり。 

コメントや情報もお寄せくださ~い。

@hirunavi 

 

長崎のおススメ情報はこちら        

   ↓

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長崎情報へ 
にほんブログ村   
 


↑長崎情報はこちら

コメント:0 トラックバック:0