●長崎大丸跡地に「パルコ」の可能性が高まる!

2012.11.06 12:52| ニュース

 大丸等を運営するJ・フロントリテイリングの奥田務会長は5日、日本経済新聞のインタビューで8月末に買収した商業ビル大手のパルコについて「成長の過程にある」と述べ、国内外で出店を再開する方針を明らかにしました。
 奥田会長は「百貨店は人口100万人以上の都市でしか事業継続は難しい」と指摘。人口20~30万都市でも黒字を出しているパルコを百貨店の「空白地」に活用する方針です。



 解体工事中の長崎大丸跡地は11階建ての複合商業施設として計画されています。1階から3階はファッションや雑貨、美容関係など主に女性をターゲットにしたテナントが入る商業エリアで4階から11階まではグレードの高いビジネスホテルが入る予定です。
 奥田会長が国内外へパルコ出店に積極的に取り組む方針を出した事からますます長崎大丸跡地がパルコになる可能性が高くなってきたようです。

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報


↑長崎情報はこちら

コメント:0 トラックバック:0