●長崎-上海便(中国東方航空)の機内食に「復興予算」が使われている!

2012.11.19 20:50| ニュース

 10月から長崎-上海の中国東方航空の路線を週2便から週3便に増やす社会実験が始まりましたが、その機内食提供に復興予算1965万円が計上されています。



 機内食は、長崎県産品をふんだんに使用したメニューで、豚の角煮やカステラ等が入っており、通常の機内食よりグレードの高い弁当。冬季限定で提供されています。

 この機内食提供事業は「震災等緊急雇用対応事業」として復興予算から流用されていますが、弁当事業者では4人雇用のうち被災地からの雇用はゼロとのことです。

 ワイドショーでもこの話題が取り上げられ、被災地でもない長崎県民としては非常に申し訳ない気持ちでいっぱいです・・


↑長崎情報はこちら

コメント:0 トラックバック:0