●平和公園の防空ごう一般公開

2013.03.26 23:12| ニュース

 長崎市の平和公園で、エスカレーターの設置工事中に見つかった防空ごうの一部が、26日から一般公開されました。



爆心地から100メートルという場所で見つかった貴重な被爆遺構として3つを保存しています。透明の扉が取り付けられて3メートルほど内部まで見ることができます。



防空ごうの横には新たに説明板も設置されました。



終戦後、アメリカ軍は爆心地に近い防空ごうの調査を行っており、核シェルターをつくる時に参考にしたそうです。

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報


↑長崎情報はこちら

コメント:0 トラックバック:0