●長崎玉屋、2月末に一時閉店 「建て替えで再開発」 11月1日から閉店セール

2013.09.18 19:40| ニュース

 長崎市にあるデパート「長崎玉屋」の閉店についてきょう、運営する佐世保玉屋が長崎市内で会見を開きました。
 きょうの会見には長崎玉屋を運営する佐世保玉屋の田中丸弘子社長や新大工町商店街振興組合の理事長など合わせて5人が出席し、田中丸社長は改めて「長崎玉屋は平成26年2月末をもちまして当店の現店舗での営業を一時休業することを決定いたしました」と述べました。そして田中丸社長は、今後のスケジュールは未定としながらも建物の建て替えなどを含めた再開発を進めていく考えを示し、「新大工商店街、新大工町というところが大きな役割を今後果たしていくというところに佐世保玉屋も大きな可能性を感じているところ」と地域に密着した店作りをして地方の百貨店の新しいモデルを作りたいと述べました。



 長崎玉屋は1969年に開業、デパートの1階には新大工町市場が入り、地域のシンボル的な存在だったことから一時閉店に不安の声も出ていました。新大工町商店街振興組合の古賀重朗理事長は「今度の閉店というのはあまりにもショックが大きかった。玉屋さんがなくなったらどうしようか、毎日どこに行こうかという形で不安がっている方々が多かったのでこれを機会にこれから玉屋さんと将来に向けてやっていければいいなと」と話していました。( KTNニュース)

 再開発計画は長崎市が進めるまちなか再整備計画「まちぶらプロジェクト」と連携して進める方針です。しかし、計画の青写真や具体的なスケジュールは「検討中」として明らかにされませんでした。長崎玉屋の1階にある新大工町市場は来年3月以降も営業するということです。長崎玉屋は、11月1日から来年2月28日までの間に閉店セールを実施することにしています。 (NCCニュース)

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報


↑長崎情報はこちら

コメント:0 トラックバック:0

●昭和の香りを残したお店「白ばら」再開発ビルに移転オープン!

2013.09.18 12:54| 佐世保・県北

 昭和の香りを残した洋食レストラン「白ばら」さんが佐世保市栄町の再開発ビルに14日、移転オープンしました!お店は新しくなっても人気のトルコライスやミルクセーキの味も変わらず健在です。



場所は、サンクル2番館の1階。このビルも少しずつお店がオープンしてきています。



お店のシンボルは健在でした!!



明るい店内。入りやすくなった気がします。



トルコライスやレモンステーキ、白身魚フライ、ミルクセーキなどメニューもそのまま。



トルコライス(950円)。ボリュームたっぷり!味が少々濃いめですが、美味しさも変わらずでした。
お隣には今月末に「蜂の家」が移転オープン予定です。

◎白ばら
佐世保市栄町5-11
TEL 0956-22-4619
営業時間 10:00~20:30
定休日 不定休
近くに有料駐車場あり

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報


↑長崎情報はこちら

コメント:0 トラックバック:0

●長崎県美術館で「ガウディ×井上雄彦」コラボレーション展

2013.09.18 00:15| ニュース

 「SLAM DUNK」や「バガボンド」を描いた漫画家・井上雄彦と、スペインの建築家・ガウディのコラボレーション展が、2014年7月12日より六本木の森アーツセンターギャラリー(東京都港区)にて開催が決定。 2015年7月まで約1年間開催した後、金沢(金沢21世紀美術館)、長崎(長崎県美術館)、神戸(兵庫県立美術館)、仙台(開催会場後日発表)へ巡回することが決まっています。



 日本とスペインが誇る異なる2つの文化を代表する2人の天才による、時空を超えた稀代のコラボレーションとなる。スペイン・バルセロナへ赴いた井上さんは、鋭い観察力と創造力で“人間・ガウディ”を描き、その原点に迫り、現在に繋がるメッセージを表現する。
 正式なイベント名は2014年1月に発表される予定です。

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報


↑長崎情報はこちら

コメント:0 トラックバック:0