●「長崎オランダ村」2015年春にも再オープン

2014.02.25 12:58| ニュース

 長崎県西海市は24日、閉鎖中のテーマパーク「オランダ村」を2015年春にも再オープンさせる方針を固めた。地元食材やマリンスポーツが楽しめる施設を想定しており、運営を委託する事業者を3月中にも公募する。
 オランダ村は1983年開園。精巧なれんが造りの街並みが人気となり、一時は年間入場者が200万人に達した。しかし、同県佐世保市に92年、同じテーマパークのハウステンボスが開業すると観光客が激減、経営難から01年に閉園した。
 西海市は跡地を購入し、05年3月には兵庫県の居酒屋チェーンが建物を改装し商業施設を開業したが、経営不振で同年10月に撤退した。(共同通信)



 「オランダ村復活」はとてもいいニュース。
ただし、05年に食のテーマパークとして開業した「キャスビレッジ」は半年で撤退した例もあります。
再びハウステンボスに運営してもらうか、スターバックスのようなメジャーな企業を誘致するか・・・本当に運営する企業が現れるか心配です。
西海市では、施設の老朽化工事として、来年度予算に1億5400万円を盛り込む計画だそうです。
復活の時には、かつてのCMソング「長崎、オランダ、ヴィレッジ~♪」も復活してほしいですね!

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報


↑長崎情報はこちら

コメント:0 トラックバック:0