● 諫早市に 「内村記念アリーナ」誕生!

2013.02.15 22:43| ニュース

諫早市は、来月供用を開始する新しい体育館の愛称を「内村記念アリーナ」とすることを明らかにしました。
きょう開かれた諫早市議会で宮本市長が 「体育館の愛称を、本市出身の金メダリストで、日本を代表するスポーツ選手である内村航平選手の名前を冠する『内村記念アリーナ』といたしたいと考える」と明らかにしました。



諫早市小船越町の「諫早市中央体育館」は、延べ床面積およそ1万4千平方メートル、総工費22億円をかけて建設され、来年開かれる長崎国体では、バレーボールとフェンシングの会場となる予定。体育館内には内村選手に関する展示コーナーが設けられ、今月23日に開かれる落成式には、内村選手の母・周子さんが出席する予定です。

関連記事


↑長崎情報はこちら

コメント:0 トラックバック:0
<<●人気グルメに大行列! 長崎浜屋「有名駅弁と全国うまいもの大会」スタート | ホーム | ●定食がオトク!新地中華街にある本格中華の老舗「中華園」>>








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)