●「長崎玉屋」 来年2月末に閉店へ。福岡に小規模店を出店。

2013.09.07 12:32| ニュース

 長崎市新大工町にある「長崎玉屋」が来年2月末をめどに閉店することが発表されました。
 長崎玉屋は1969年に開業し衣料品、家庭用品など幅広く商品を取り扱っています。しかし近年は相次ぐ大型商業施設の開業で競争が激化。2009年に売り場面積を縮小するなどリニューアルしましたが売上高は伸びず来年2月末をめどに一旦閉店することを決めました。今後、建て替えを含め検討するということで12日に記者会見を開く予定です。(NIBニュース)



 また、ひとつの時代が終わろうとしています。 新大工町のシンボル的存在である「長崎玉屋」の閉店のニュースは衝撃的でした。長崎玉屋の売上高は09年2月期が約32億円、13年2月期は約24億円だったとのことです。



創業40周年の2009年には、7階建ての2~5階の売り場を2、3階に集約する大規模リニューアルをしています。デパートと呼ぶにはちよっとさみしい売り場です。



6階のファミリーレストランは、まだまだ健在で地元では人気。名物のサンドイッチも楽しめます。



1階は新大工町市場と一体的になっています。閉店に伴い、市場の存続もどうなるのか注目されます。
 また、母体の佐世保玉屋は、輸入雑貨や服飾などを販売する小規模店「ローズ エッセンス タマヤ」を今後5年程度で、福岡市などに5、6店開設する方針を出しています。天神や博多駅周辺の商業ビルへの出店も検討しており、 「長崎玉屋」 閉店も、市場を福岡へシフトする動きのひとつかもしれません 。

関連記事

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報


↑長崎情報はこちら

コメント:0 トラックバック:0
<<● がんばくん、らんばちゃんが 「ゆるキャラグランプリ2013」へ出馬! | ホーム | ●長崎~ 大阪 2,980円! Peach「72時間限定セール」>>








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)