●福山雅治さんの新曲「クスノキ」発表後、 山王神社の参拝者が10倍に。

2014.08.09 07:23| ニュース

 今日8月9日は、69回目の長崎原爆の日。 死者7万4千人、負傷者7万5千人、当時の長崎市人口の2/3が原子爆弾の犠牲となりました。



今年、福山雅治さんが4月に発表した新曲「クスノキ」で脚光を浴びた山王神社の巨樹「被爆クスノキ」。
新曲の発売後、山王神社の参拝者は10倍に増えたそうです。
被爆クスノキは、高さ20メートル前後の2本の木で樹齢約600年。



当時、爆心地から約800mのところにあった山王神社の2本のクスノキは、原爆の大きな被害を受けましたが、熱線で黒こげになっても生き抜く姿が、復興のシンボルとなっています。



この被爆クスノキ倒壊の恐れが出ています。
被爆による内部の空洞化に加え、枝葉が伸び過ぎたことが原因。
治療の総費用は約1千万円かかるため、募金を呼びかけています。



被爆クスノキの幹の空洞内で見つかった数多くの石や瓦の破片。
熱線でクスノキに空洞ができ、その穴から石や瓦が入り込んだそうです。

原爆の恐ろしさをあらためて感じる被爆クスノキ。
決して枯らしてはいけない復興のシンボルです。

山王神社ホームページ

関連記事

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報


↑長崎情報はこちら

コメント:0 トラックバック:0
<<●本格中華が気軽に楽しめる♪「Chinese Dining Bar MARU」オープン! | ホーム | ●図書館にベーグルカフェ「OKKO BAGEL」オープン!>>








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)