●380年の歴史を誇る「長崎くんち」秋晴れのスタート!

2014.10.07 17:17| イベント

 380年の歴史を誇る「長崎くんち」が7日から始まりした! 今年の長崎くんちは秋晴れのスタートです。



午後からは「お下り」が行われました。
諏訪神社からの3体の神輿を駆け足で担ぐ、「もりこみ」は迫力満点。



お下りに合わせて、市役所前から県庁前まで、隊列の最後尾に7か町の傘鉾が続き、パレードも行われています。



市内の事業所や官公庁、各家などに敬意を表して演し物を呈上する「庭先回り」は、9日まで行われます。
写真は、麹屋町の川船。



五嶋町の龍踊り。
白龍が、初めて登場。



銀屋町の鯱太鼓。
国道を1車線使っての庭先回りは、おくんちならでは。



大波止のお旅所周辺には、露店がたくさん並んでいます。
夢彩都前の梅ヶ枝餅には、今年も大行列。
お店の方によると「2時間待ちは覚悟してください」とのこと。



浜町の「ハマクロス」もオープンして初めての長崎くんちを迎えました。
今年は、平日開催ながら天候がよく、多くの人出で賑わいそうです!

関連記事

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報


↑長崎情報はこちら

コメント:0 トラックバック:0
<<●内村航平選手出場! 「長崎がんばらんば国体・体操」観覧入場方法 | ホーム | ●「ランチパスポート長崎ver.2」掲載店、5店舗紹介!>>








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)