●70回目の「長崎原爆の日」

2015.08.09 08:59| ニュース

 長崎は70回目の「長崎原爆の日」を迎えました。
昭和20年8月9日午前11時2分、 長崎市に原爆が投下され、当時の長崎市の人口24万人のうち約7万4千人が犠牲となりました。



NHKが戦後70年にあわせて実施した世論調査で、広島市と長崎市に原爆が投下された日付について聞いたところ、「正しく答えられなかった人がそれぞれ全国で7割程度」いたそうです。



また、長崎市でも正しく解答できなかった人が4割もいました。20年前と比べると大きく後退しています。

※長崎への投下日の正答率
●長崎市
89.8%(1995年)
59.2%(2015年)
●全国
25.6%(2015年)



原爆のような悲劇を繰り返さないためにも、「8月9日」を伝えていくことが長崎市民にとっては大事なことではないのでしょうか。



私は年に1度は長崎原爆資料館を訪れています。
こどもの頃に見た、被爆により11時2分で止まった時計が脳裏に焼き付いているのです。



SNSで知ったのですが、爆心地から近い ココウォークのスターバックスのスタッフが書いたボードの心を打つメッセージ。
今は、平和だからこそ美味しいコーヒーも飲めるのですね・・・

関連記事

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報


↑長崎情報はこちら

コメント:1 トラックバック:0
<<●長崎初出店!福岡の人気カフェ「ブランチ.オットー出島」オープン! | ホーム | ●原爆投下時の救援指揮拠点となった「立山防空壕」>>

東京大空襲の日、沖縄返還の日

とかみんなわかる?








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)