●長崎大丸跡地の新商業施設、2014年秋開業予定。大丸のローカルブランドに。

2012.12.12 20:27| ニュース

 長崎大丸跡地に計画している商業施設とホテルが一体となった高層複合施設は来年3月着工、2014年秋の完成を目指すと12日付の長崎新聞に報道されています。
 複合施設は11階建て。1~3階がファッションや雑貨を中心とした商業施設で、営業形態はテナントから賃料を取るリーシング(場所貸し)。4~11階にグレードの高いビジネスホテルを整備。旅行客にも対応できるようツインルームも設ける方針です。



 現地では解体工事が完了し、現在、商業施設に入居するテナントやホテルを運営する会社と契約条件の最終的な詰めの段階まで来ているそうです。
 また、商業施設の名称は「博多大丸を残すと百貨店のイメージがつきまとう」(土井社長)ことから新名称を公募することも含め検討しているとのことです。
 現時点ではコンセプトの近い系列会社の「パルコ」ではなく、大丸のローカルブランドになってしまう可能性が高く、これからどういった戦略を出してくるのか気になるところです。

関連記事


↑長崎情報はこちら

コメント:0 トラックバック:0
<<●回転寿司チェーン「くら寿司」が長崎県内に初出店! | ホーム | ●長崎は鯛の水揚げ日本一!鯛のお寿司を食べタイ!『冬は長崎 鯛まつり』 >>








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)